子猫保護1~30日目

子ネコ保護2日目(2018.6.9)モフモフでふにゃふにゃ

別サイトで運営していた猫ブログを、2021年3月に引っ越して加筆・整理しました。

中年夫婦2人と猫1匹で平和に暮らしていましたが、2018年6月に4匹の生まれたての猫を保護しました。

ものすごく大変だったので記録として残しました。

読んでいただけたら嬉しいです!!

 

今日から本格的にお世話開始。

まずは5時起床。

 

 

みんなくっついて団子状態。わかりにくいけど4匹います。

 

子ねこと一緒に預かったミルクを説明に書いてある通り作り、スポイトで飲ませる。

 

 

子ねこがふにゃふにゃで、ビビりまくり。

体を起こさせるのに一苦労。

おーい、口開けてくれー!

 

 

ほら、ミルクだよー!!

お母さんじゃなくてごめんよーー。

 

 

まだ小さすぎて、哺乳瓶よりスポイトがいいらしい。

 

んーーー、難しいよ。

 

とにかく繰り返し!

おしっこをさせて、ミルクを飲ませて顔をふく。×4

これを3~4時間おきに繰り返す。

 

 

モンちゃん(先住猫)を飼うときに買った、この本を引っ張り出して読み直す。

 

「ミルクの濃度に注意して」って書いてある。

濃いと便秘、薄いと下痢になるって。

なるほど。

 

モンちゃんは、子ねこのいる部屋に近づこうとしない…。

こんなにもビビりだったとは。

 

威嚇するよりいいけど、相手は子ねこだぞモンちゃん!!

当時を振り返って

モンちゃんがわが家にきたとき、すでに500g以上あり、エサもカリカリを食べるし、排泄も心配なしだった。

100g台の子猫の世話は、想像以上にやることが多くて・・・。

あの時はしんどかった~

 

f:id:monkox:20200219101931j:plain

 

ブラッシングでとれた毛じゃないよ!

 

子ネコ保護3日目(2018.6.10)はじめての体重測定 毎日体重を量る 「健康な赤ちゃん猫は毎日体重が増えていく」 「減っている場合は注意」 とのこと。(本で学習) ...